正しい位置が調べられる地図は必要

出張や旅行で目的地にたどり着くための地図は必要ですが、目的地が意外に遠かったり、近かったり、細い道の奥だったりするため、行ってみないとわからないところはたくさんあります。

スポンサーリンク
ad(336*280)

自分のベストマップを知ろう

管理人@かずぞうが目的地にたどりつける地図として「道路マップ」が一番よいと思っています。

理由は単純であり、道路の太さや信号機の有無、建物の名称、距離感や方角などもしっかり記載されていることから、実際の場所を探すこともできますし、これからどのような道を通る必要があるのかも知ることができます。

逆に絶対におすすめしない地図が「旅行用(ガイド)の地図」です。

おいしいお店情報や観光案内は載っていますが、旅行用の地図は細い道路が太く記載してあったり、距離感がアバウトで目印となる建物もなくなっていたり、情報が古かったりするものも多いです。

あるはずの道路が描かれていない時には「信号から数えて何本目の道路を右折」ということができません。

最近ではスマートフォンやタブレット端末で見ることができるナビサイト「google maps」もよく使えます。以前は持ち歩くには重いですが、カーナビも使える道具の1つでした。

管理人@かずぞうがスマートフォンを持つ前にやっていた方法は、事前にグーグルアースにて目的地上空を「地図+上空写真」で確認します。それでもわからなければ、ストリートビューで確認しておきます。

そうすることで目的地付近でウロウロすることは少なくなり、時間に余裕ができます。事前の一手間を惜しまないのも手です。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)