キャリーケースにはタグを必ず付ける

家族で自然体験!思い出の旅体験型旅行はTABICA!

国内ではほとんどありませんが、海外の空港を利用するような旅行や出張に出かける際、特にある空港を経由していくようなトランジットを用いると、目的地へは着いているのに、荷物だけ空港に着いていないということがあります。

「荷物のみ未着」という事態。

そういうときに役に立つのが、キャリーケースに付ける「ネームタグ」です。ネームプレートの事ですね。無いと誰の荷物かわかりません。

もちろん、空港で荷物を預ける際にバーコードは取り付けられるのですが、どの飛行機に載せる荷物かはわかります。しかし、誰の荷物かは機械がないと読み取れないので、空港職員が誰でも読み取れるということではありません。

タグを付けておくと、どこかの空港で荷物が置き去りにされたときに、誰の荷物かわかりやすく、「○○さんの荷物ココの空港にあるよ」とわかり、後の手続きも楽になります。

海外ですので、ネームタグは必ずローマ字で名前を書きましょう。(漢字厳禁!)

・「楽天」でネームタグを探す

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事
スポンサーリンク
ad(336*280)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)