セントラルヒーティングで部屋は暖かい

イギリスの気候は日本よりも北緯が高く(北極に近い)、寒いイメージがありますが、暖流が通っているため、大陸の南側は日本の東北並みくらいに暖かいです。(それでも寒いですが・・・)

そのようなこともあって、暖房設備については日本よりも進んでいます。ホテルは基本的には、セントラルヒーティングといって、各地域で熱源を生み出す発電所のようなものがあり、それを各建物に引き込み、各客室にひいています。(各ホテルで熱源設備がある場合もあります。)

E382BBE383B3E38388E383A9E383ABE38392E383BCE38386E382A3E383B3E382B0
ホテル客室の暖房パネル(写真)

各客室で温度の変更はできませんが、基本的には快適な温度になっています。客室に入った瞬間に暖かいのもありがたい。エアコンとは違い静かなのも特徴ですね。

基本的には冷えやすい窓側についていますので、確かめてみてください。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事
スポンサーリンク
ad(336*280)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)