イギリスのホテルは階数の数え方が違う

日本とイギリスでは建物の階数の数え方が違います。

日本の場合は地上階は1階(1F)、2階(2F)、3階(3F)と表現し、地下階は、地下1階(B1F)、地下2階(B2F)と表現します。どのような建物でもこのような表記ですし、一般的なホテルでは、1階(1F)にフロントやロビーがあり、2階(2F)から客室というパターンが多いです。

しかし、イギリスの場合は階数の表現方法が違います。

イギリスの場合は日本でいう1階(1F)のことを「Ground Floor(グランドフロア)」、2階のことを「First Floor(ファーストフロア)」と表現します。

日本の「1階(1F)」はイギリスの「Ground Floor(グランドフロア)」であり、日本の「2階(2F)」はイギリスの「First Floor(ファーストフロア)=1階(1F)」となります。

日本で生活しているとこの感覚に慣れず「1」を押してしまいます。「1」の下に「G」ボタンがあっても「倉庫かどこか業者専用フロアなのかな」と思ってしまいます。

そのため、ロビーに行きたいと思いエレベータで「1」を押しても、客室にしか行けない事になります。管理人@かずぞうはそれで1階の客室をウロウロした経験があります(笑)

今では笑い話ですが・・・

エレベータでは「G」というマークを押しましょう!

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事
スポンサーリンク
ad(336*280)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)