空港で時短!SKiPで事前に座席指定する

国内を飛行機を利用して出張や旅行へ行く場合に意外に時間がかかるポイントとして空港があります。飛行機に乗っている時間は短いのですが、乗る前、乗った後、また空港が都市中心部や観光地近くにないことも多く、目的地までの移動時間を考えると新幹線の方が早かったなんてこともあります。

その空港での時間を短縮すべく導入されたのがANA「SKiP(スキップ)」サービス、JAL「タッチ&ゴー」サービスです。

空港に着く前に航空券の「予約・購入・座席指定」を事前に済ましておくことで、空港で搭乗手続きをすることなく保安検査場、搭乗口に行くことができます。

事前にANAのSKiPサービスを利用して座席指定を行う

ここでは管理人@かずぞうが使用しているANA「SKiP(スキップ)」を中心としていきます。

まずはANAのインターネットサイト「ANA SKY WEB」よりインターネットから航空券を予約します。ここでは搭乗日、出発便などを指定して、航空券を予約、購入します。その後、メールにより届いた案内によりANA SKY WEBから「搭乗日、照会番号、氏名」を入力してログインをします。

WEB画面より座席指定を行います。座席指定はWEB画面に飛行機と座席が表示され、すでに座席が埋まっているところ、空いているところが一目でわかります。そのため、早めに航空券を購入することで好きな座席を選ぶ事ができます。

気をつけるべきポイントは座席指定を行ったら「eチケットお客様控」を印刷しておく必要があります。新しい情報を追加するたびに2次元バーコードが変更していくため、以前の「eチケットお客様控」は破棄します。

※2次元バーコードは空港の保安検査場、搭乗口で必要です。
※携帯電話やスマートフォンを使って搭乗する場合は印刷は必要ありません。

空港でのSKipは便利

空港に到着しました。

手荷物がない場合は直接保安検査場へ行きましょう。保安検査場では検査を受ける前に「eチケットお客様控」または携帯電話やスマートフォンなどを利用して2次元バーコードをかざす必要があります。

手荷物がある場合はANAの手荷物カウンターへ行き、荷物を預けます。預けた後に係員より「ANA搭乗案内書」を受け取ります。その後、保安検査場へ行くことになりますが、保安検査場では「ANA搭乗案内書」に表示されている2次元バーコードをかざします。

※「ANA搭乗案内書」は持っているeチケットお客様控に加えて手荷物を預けた情報が加えられた2次元バーコードが表示されていますので、eチケットお客様控は破棄します。

空港では早め早めに行動しましょう

SKiPにより空港での時間が短縮されました。ANAでは保安検査場を出発の15分前まで、搭乗口は出発の10分前までにお越しくださいとしています。

しかし、保安検査場は混雑する時間帯によって通過するのに数十分単位かかる場合があります。また、大きな空港ほど保安検査場から搭乗口までが遠く、歩いていると簡単に5分、10分と時間が経ってしまいます。
他のお客さんに迷惑がかかりますので、ギリギリで行動するのではなく時間に余裕を持って行動しましょう。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事
スポンサーリンク
ad(336*280)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)