フォレスト益子-自然の中でくつろげる公共の宿

仕事の都合で福島県に用事があり、当日は福島県で宿泊するのではなく以前から宿泊してみたかった公共の宿「フォレスト益子」に泊まるべく、東北自動車道を南下し、宇都宮インターチェンジから25kmほど西側に来るまで走り、陶芸で有名な益子町へ入りました。

今回泊まったホテルは栃木県芳賀郡益子町にあるフォレスト益子です。ポイントは「自然」、「デザイン性」の2つ。

E38395E382A9E383ACE382B9E38388E79B8AE5AD9001
益子町は陶芸の町として有名であり観光地となっています。たくさん店はあるのですが観光客が落ち着く18:00頃には多くの店が閉まり、町全体が夜に入ります。夜遅くに益子町を訪れる時は夕食を食べてから入ることをオススメします。

観光地域中心にコンビニ「ローソン」が1店舗のみありますので、食材を購入することはできます。また、車で移動できる場合は少し移動することでスーパーやHotto Motto(ほっともっと)などもありますので、食べることには困りません。

E38395E382A9E383ACE382B9E38388E79B8AE5AD9002
フォレスト益子内に「さくら亭」というお店が入っています。昼11:00~15:00、夜17:00~21:00の間に開いています。

電車でフォレスト益子へ行く場合は、駅からは地元の商店街が続き、ある程度歩くと観光客用のお店が連なります。それらを通り過ぎさらに歩くとあります。およそ30分ほどかかりますので、時間と体力に余裕を持って行きましょう。

泊まった部屋は、
・レギュラーツイン
・朝食なし(素泊まり)
1日6,300円(2012年3月)です。

部屋の雰囲気

E38395E382A9E383ACE382B9E38388E79B8AE5AD9003
客室に入って正面。ツインのベットが右側、奥にリビング類、机関係が左側、正面の窓からは木々が見えます。

E38395E382A9E383ACE382B9E38388E79B8AE5AD9004
少し小さめの液晶テレビ、鏡、ポット類、お茶などもあります。机下にエアコンが収納されています。

E38395E382A9E383ACE382B9E38388E79B8AE5AD9005
小型の冷蔵庫、ちょっとしたモノが入れられる引き出し付きです。

E38395E382A9E383ACE382B9E38388E79B8AE5AD9006
部屋から出入り口側を見たところ。鉄製の階段を上がるとロフトに上がることができます。正面の扉が出入り口、右側の扉は隣の客室とつながっています。(開けてはいけません)

E38395E382A9E383ACE382B9E38388E79B8AE5AD9007
UB。通常のホテルの1.5倍ほどあり広くて使いやすい。洗面を使用していてもトイレやバスが邪魔になりません。

E38395E382A9E383ACE382B9E38388E79B8AE5AD9008
トイレはTOTO製。歯ブラシやタオル類、ドライヤーなども完備してあります。

E38395E382A9E383ACE382B9E38388E79B8AE5AD9009
ロフト。子どもなら2〜3人。大人1人ぐらいは寝られるサイズでゆったりでき、外も眺められます。エアコンが付いています。

E38395E382A9E383ACE382B9E38388E79B8AE5AD9010
フォレスト益子の鍵。使用した部屋は110でした。

デザインセンスが落ち着きをあたえる部屋

フォレスト益子は建築家 内藤廣が設計した建物として有名です。そのため建物自体もデザインセンスが高く、客室においても空間の広がりがあります。実際、ツインの客室に宿泊しましたが、勿体ないぐらい広く感じ、家族で宿泊できると思いました。

通常のホテルは少しでも客室を狭くして多くの客を収容でき、内装においてもビニルクロス仕上げのものがほとんどです。

フォレスト益子の客室はUBをのぞくすべての壁が板張り、入り口の扉や窓の一部も木製で雰囲気があります。床も足の長い絨毯で寝るために宿泊するのではなく、くつろぐために宿泊するという部屋になっています。

公共の宿ならではの安さ

フォレスト益子は県立自然公園「益子の森」の入口に位置しています。まわりは木々が生い茂り、都会の光にやられている人にとっては暗く静かな1日を過ごすことができる宿です。

フォレスト益子は益子町が運営する公共の宿ですが、運営はNPO法人『ましこイーまちネット』が行っています。利用の仕方はチェックインの時に宿泊代を支払い、チェックアウトの時に鍵を返すという方法です。

『ましこイーまちネット』の方がすばらしく行政の画一的な接客ではなく、チェックインの時にホテルの説明、客室まで案内してくれる上、客室内においても機器の説明などもしてくれます。意外にホテルの使い勝手がわからずウロウロしてしまうことがあるので、ありがたいです。

注意するべきポイントは「インターネット環境がない」ということです。LANの端子も無ければ無線LANもありません。そのため携帯電話やスマートフォンに頼ることになります。

ホテル自体は夜22:00〜朝8:00まで管理人のいない無人状態となります。そのため、早朝に部屋を出る場合は鍵をかけずに客室に鍵を置いておくという方法をとっています。都会では不用心ですが、田舎は安全ですね・・・

この内容で6,300円は安すぎると感じています。

少し時間があるのであれば、宇都宮市内に宿泊するのではなく、益子町まで足を伸ばして宿泊したい。そう言い切れるぐらいの宿だと思います。

フォレスト益子の詳細

フォレスト益子
住所栃木県芳賀郡益子町大字益子4231番地
アクセス真岡鐵道真岡線「益子駅」下車、徒歩30分
東北自動車道「宇都宮IC」約1時間
駐車場あり(無料)
風呂・温泉なし
インターネット環境なし
物書き机あり


大きな地図で見る

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事
スポンサーリンク
ad(336*280)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)