静岡市美術館−駅前にある現代アートギャラリー

静岡市の中心部に2010年4月にオープンした「葵タワー」の中にあるのが静岡市美術館です。JR静岡駅目の前という好立地に美術館があるというのは、いろいろな街に行きましたが初めてです。ビルのテナントとして美術館が入っていますので大きい美術館ではありませんが、市民と距離の近いイベントをたくさん開催するなど注目の美術館です。

静岡駅の目の前ということで、新幹線に乗るまで30分あるサラリーマンも十分に寄ることができますし、1、2本乗る電車を遅らせればゆっくりと展示物も見ることができカフェでくつろぐこともできます。

また、ホテルを利用する方にとっても19:00と比較的遅くまで開館していますので、美術館に寄ってから駅近くに予約してあるホテルにチェックインしてもよいですし一度夕飯を食べるために街へ出たついでに寄ることもできます。

DSCF9795
管理人@かずぞうが静岡市美術館へ行ったときには展示室での展示は搬入期間中であったこともあり、楽しむことはできませんでした。その代わり、多目的室に展示されていた誰でも無料で見られる「ブルース・オズボーン親子写真展」を楽しむことができました。有名人の親子から一般の方の親子まで、幸せそうな親子像と共に”やっぱり親子って似てるな・・・”ってちょっと笑ってしまうような写真もあります。

静岡市美術館でもう1つ注目しておきたいところがミュージアムショップです。

現在展示されている作家さんの本や関連商品を販売しているのはもちろんですが、静岡県ならではの「富士山」商品も数多く取りそろえています。

中でも管理人@かずぞうが面白いと思ったのは富士山Tシャツです。富士山の高さである3776mが面面にプリントされているのですが、裾をめくる(お腹を出す)と富士山の絵柄が!めくることで富士山の絵と3776mが一致するというもの。このTシャツは先日、NHKの番組で宮藤官九郎さんが着ていました(笑)

もちろん、他にも通常の富士山商品とは違うアイデアが詰まった”面白い富士山”を発見することができます。

静岡のお土産を選ぶにも最適な場所と言えると思います。


大きな地図で見る

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事
スポンサーリンク
ad(336*280)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)