名古屋-大阪間の電車移動は近鉄電車がお得!

愛知県の名古屋市を中心とした中部地方から大阪府の大阪市を中心とした関西地方への移動がしたいと思った場合に管理人@かずぞうがオススメしたいのは近鉄電車(近畿日本鉄道)を利用した移動です。

その最大の理由は安いからであり、片道1,500円程度で移動することができます。

a1600_000153_m

スポンサーリンク
ad(336*280)

考えられる交通機関

名古屋市と大阪市を結ぶ交通機関は探してみるとわかりますが選択肢はたくさんありません。その上、通常料金で比べる限り移動距離の割には決して安くもなく、この料金であれば東京へ行きたくなってしまうような感じすらします。

交通機関としては、新幹線、JR在来線、私鉄近鉄、高速バス、夜行バスが考えられます。

・新幹線(6,380円:所要時間1時間程度)
 新幹線のぞみを利用して名古屋-大阪間を移動した場合

・JR在来線(3,260円:所要時間3時間程度)
 在来線で名古屋-大阪間を移動した場合

・私鉄近鉄(2,300円:所要時間4時間程度)
 特急を使用せずに近鉄名古屋-大阪難波間を移動した場合

・高速バスウィラートラベルや名神ハイウェイバス(2,500円〜3,000円:所要時間4時間程度)
 名古屋駅バスセンターから大阪のバス乗り場を利用した場合

・夜行バスヤングリゾート(2,500円程度:所要時間7時間程度)

新幹線は圧倒的に速いですが高価な移動手段であり、JR在来線は安くもなく所要時間も短くないため中途半端な交通手段と言えます。夜行バスは実際に名古屋-大阪間が中途半端に短いため夜中運転しているわけではなく、PASAで休憩時間を挟み早朝に到着できるよう時間調整をしてしまいます。

この中で金額に比較的安く所要時間も短めな交通ルートは、近鉄を利用した場合と高速バスを利用した場合と考えられます。

比較的荷物が少なく身軽に移動できる場合は少しでも安い近鉄がオススメです。しかし、手荷物が多くなるケースとして名古屋から大阪のユニバーサルスタジオジャパンへ行く場合は高速バスを利用した方が楽です。また、お酒を飲みながらゆっくりと移動したい場合は高速バスでも名神ハイウェイバスをオススメします。理由はウィラートラベルの方が若い人が乗車していることが多く、お酒を飲んでいると嫌な顔をされやすいからです(笑)

近鉄の株主優待券を利用して片道1,500円で移動する

近鉄には名古屋-大阪間を2,300円からもっと安く移動する方法があります。それは株主優待券を利用する方法です。近鉄の株主優待券は1枚で1名が片道全線に1回ご乗車できるものであり、どれだけの距離を乗ってもよいという券です。その代わりに特急電車に乗る場合は別途特急券が必要になります。

この近鉄の株主優待券は金券ショップで広く出回っており、名古屋駅近くの金券ショップや大阪(難波)駅近くの金券ショップを見ると売っている可能性があります。おおよそ1,500円程度で売られていることがある(価格は変動します)ようです。

当日、朝早くから電車に乗って名古屋-大阪間を移動したい場合は金券ショップはまだ開店前になりチケットを購入することができません。その場合はネットショップの金券屋さんを見てみると販売されているケースもあるため、利用する価値はあります。

E8BF91E98984E6A0AAE4B8BBE584AAE5BE85E588B8E4BEA1E6A0BC

※上記のスクリーンショットはあくまでも参考例です。

片道分・往復分の購入をする場合、チケットの送料を支払っても正規料金よりも安いと考えられます。

いろいろなものを上手に利用して、できるだけ安く今の自分に合った交通手段で移動したいですね。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)