旅に出る前に入れておきたいアプリ

管理人@かずぞうがいつも愛用しているスマートフォンはiPhoneで、あまり大量のアプリを使用していません。本当に使えそうだなと思えるアプリだけを厳選して使っています。

そんな中で「旅・出張」する上で”これは絶対入れておいた方がいいだろう”というアプリをご紹介します。
スマートフォンが無かった時代は旅や出張に出る前にパソコンで全部調べた上で、印刷までして持って行っていたかと思うと現在は本当に楽です。特にその場の状況に応じてフラフラ活動する人にはスマートフォンは必需品ですね。

「Google Maps」と「乗換NAVITIME」

app01

Google Maps

普段パソコンでもGoogleの地図を利用している人にとっては、使い慣れた機能がそのままアプリとして利用できますし、画面も見慣れていますので使いやすいと思います。管理人@かずぞうもGoogle Mapsはホームアプリです。

初めて来た場所で現在自分がどこにいて、どの道を歩いていけば目的地に着けるのかといった使い方や目的地までの距離や目印などにも役立ちます。

しかし、それ以上に利用している機能は「検索」です。検索欄に「コンビニ」や「スターバックス」と入力して検索すれば、現在の位置から一番近い店をピックアップして表示してくれます。これはある程度土地勘がある場所であっても、店の位置まで知らなかったりする場合があるため、重宝しています。

乗換NAVITIME

車ではなく、電車で移動をする場合は「乗換NAVITIME」を利用する事が多いです。通常のNAVITIMEは多機能のため有料ですが、乗換NAVITIMEは無料で利用できるアプリです。以前、Yahoo!路線を利用して、実際に表示された電車が無く危うく帰れなくところだったため、現在は使っていません。

乗換NAVITIMEもYahoo!路線と同じように、乗車駅、降車駅、時間、条件を入力すると、それに合わせて電車の時刻を表示してくれるアプリですが、ありがたいポイントは何番ホームに乗る必要があるのか、また目的地の天気まで表示してくれるところです。

遠くへ行く場合で、乗り継ぎを何回もするときは便利なアプリです。

「Go雨!探知機」と「Instagram」

app02

Go雨!探知機

「Go雨!探知機」はこの夏に本当に活躍してくれたアプリの1つです。夏に頻発したゲリラ豪雨や台風など大雨がいつ降ってくるのかわからないです。Go雨!探知機は現在雨がどこに降っているのか表示してくれます。

広域表示にすると自分自身の現在地が表示されてどこに何ミリ程度の雨が降っているかリアルタイム表示してくれる上に、1時間程度の雨雲の予想も表示してくれますので、あとどれくらいの時間が経ったら現在地にも雨が降ってくるのかというのがわかります。

それに合わせて、カフェに逃げ込んだりしていました。

また、逆にどの程度の時間が経てば雨雲が去っていくのかもわかるため、それに合わせて時間を有効に使って行動できます。

Instagram

「Instagram」は定番アプリです。Instagramはオンライン上に画像を表示できるサービスです。アプリ内で写真を加工できる上に動画もできるようになりました。twitterなどのSNSとの連携もしやすく、旅の思い出を仲間と共有するには最高です。

ただし、仕事中の場合は時間を考えないと遊んでいるのがばれてしまうので注意しましょう。

まとめ

他にも「旅・出張」に使えるよいアプリはいっぱいあります。ご自身でも探してみてください。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事
スポンサーリンク
ad(336*280)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)