多治見市にある緑豊かな空間・ギャルリ百草(ももぐさ)

家族で自然体験!思い出の旅体験型旅行はTABICA!

岐阜県多治見市は愛知県との県境にある大きな町で、人口ベースでは岐阜県で5本の指に入るほどです。近年では「日本一暑い町」として名乗りを上げていますが、今年は冷夏だったこともあり、テレビの露出も控えめで暑さをたたえるお祭りムードというわけにはいきませんでした。

多治見市の中心部から北へ行き、山間にあるのがギャラリー&カフェがギャルリ百草(ももぐさ)です。多治見市の中で数少ない雰囲気のいいギャラリーです。

IMG_05271

スポンサーリンク
ad(336*280)

山間にある緑豊かなギャラリー

岐阜県多治見市は公共交通機関の町というより車の町です。市のまわりには山々があり、中心部には川が流れていますが、その中を縦横無尽にアスファルトの国道や県道が張り巡らされて、数多くの車が走っています。乱立する店と車ばかりの街中を抜けて一本中の道に入ると、一気に落ち着いた雰囲気風景が広がります。

さらに抜けて山の方へ入ってゆくと、ギャルリ百草があります。管理人@かずぞうが行ったときには、車を降りるとツクツクボウシとミンミンゼミの大合唱に加えて、木々の程よい湿度と香りが日常とは違う別世界に連れて行ってくれます。

ギャルリ百草は古民家を移築、改修したギャラリーであり、ギャラリー空間は1階の企画展示スペース、2階の常設展示スペース、に加えて、1階の一角にカフェとして15、16席ぐらいの小さな“ももぐさカフェ”が併設されています。

駐車場に車を駐めて、道なりに雰囲気よく整えられたアプローチを進むと、ギャルリ百草の入口へ到着できます。古民家と書くと古くさいイメージを思い浮かべてしまいますが、石が敷き詰められた庭に加えて茶室もあり、センスよく丁寧に改修された品のある空間になっています。

お一人様から若い夫婦、老夫婦と多世代にわたり、いろいろな方がみえていました。

初めての方は到着するまでが大変かもしれない・・・

ギャルリ百草は多治見市中心部より離れたところにあるわけではありません。車で10分から15分もあれば到着できると思います。車の場合は国道248号線、もしくは国道19号線より県道381号線に入り、そこから県道385号線に入りますが、一気に山道となります。そこから山の上にある住宅地を抜けて、高速道路である中央自動車道を陸橋で抜けると、ギャルリ百草へ到着することができます。途中車同士がすれ違えない道もあります。

電車でギャルリ百草へ向かわれる方は、JR多治見駅からタクシーで行かれることをオススメします。バスで行く方法もありますが、バス停が山の下であり、バス停でバスを降りてから徒歩で山を登り、住宅地を抜けていく必要があります。平面にすると1kmほどの距離ですが、あくまで想像になりますが・・・おそらく大変です。

IMG_05261

ギャルリ百草には駐車場がたくさんありますので、車が駐められないのでは?という心配は必要なさそうです。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)