Ingress(イングレス)で“観光”と“まち歩き”

Ingress(イングレス)はGoogleが開発したスマートフォンで遊べるゲームアプリの1つです。ただ一般的なゲームアプリと違うところは、スマートフォン内だけで楽しめるゲームではなく、今自分たちが生きている現実世界とリンクしているところにあります。

Ingress自体は単純なゲームアプリであり、ゲームを楽しむ人が2つのチームに分かれて陣取りゲームをします。その陣取りをするフィールドが地球ということです。陣取りをするための起点はポータルと呼ばれて、ポータル同士を結ぶことで面を作り、その面積を競い合います。

ポータル自体は、地球中にある観光や歴史上意味のあるものなどをゲームを楽しむプレイヤー自身が探し出して登録をします。誰かが登録したポータルを発見することで「こんなところにこんなものがあったんだ!」という新しい発見が面白いところでもあります。

最近では岩手県が観光振興にIngressを利用したり、ローソンとIngressがコラボレーションをしたりと、単純な陣取りゲーム以外の側面が目立ち始めています。

Ingressは2013年12月にandroid版が発表されて、2014年7月にiOS版が発表された。android版の時点ですでに人気だったのですが、iOS版が発表されてからは目に見えてIngressを楽しんでいる人が増えたような気がしています。

Ingress

スポンサーリンク
ad(336*280)

街中でIngressに集中しすぎると怪しい人になる

IngressはGPS機能を利用していて、スマートフォンの画面上には現在いる地図が表示されています。その地図上には誰かが登録したポータルが光り輝いていて、それをタッチすることで陣取りゲームが進んでいく仕組みになっています。しかし、Ingressで遊んでいる人は街中から見ると、スマートフォンの画面に集中しながら歩いている怪しい人以外何者でもありません。

特にIngressを知らない人から見れば、神社やモニュメントの前でウロウロしている怪しい人です。徒歩でIngressを楽しんでいる人も怪しいですが、自転車でIngressを楽しんでいる人も、急に止まってスマートフォンをタッチしていることから、こちらも怪しい人です。

街中や観光地などでそのような人を見たら、Ingressで遊んでいる人だなと思ってください。

“Ingressと観光”の可能性

Ingressは自分の知らないものを見せてくれる機会を与えてくれますが、初めて行く観光地ではIngressで遊ばない方がいいと管理人@かずぞうは思っています。観光地にはたくさんのポータルが存在していて、Ingressで遊ぶ人々には最高の場所と言えます。しかし、IngressはIngressに集中しすぎるあまりに、その場所で観光を楽しむという行為を奪ってしまいます。

友達とちょっとした景色を楽しんだり、美味しい物を食べたり、普段できない会話を楽しんだりといった、普通の観光地の楽しみ方とIngressは両立できません。せっかく「いい景色だね」と会話をしている途中で、相手がスマートフォンでタッチに夢中では何のための観光かわかりません。

また、Ingressで遊んでいる最中は現実世界の景色を見るよりもスマートフォン上の地図を見ている時間の方が長く、せっかく初めての観光地へ行ってもほとんど覚えていないという問題点もあります。

Ingressを行っていても、実際に観光地へ行くことから飲食店に入って食事をしたり、カフェで休息することからお金は使用することから観光地は経済的に潤います。ただ、本当の意味で観光はしていないことから、自治体にとっても観光地の良さを広める意味合いはないような気がしています。

Ingressはほどよく知っている場所で遊ぶのが1番いい

Ingressで遊ぶ場所は住んでいる近くではなく、初めて行く場所でもない、ほどよく知っている場所が一番いいと管理人@かずぞうは思っています。例えば、隣町や電車で数駅離れたところにある都市圏などがオススメです。あまりにも住んでいる近くでIngressで遊びはじめると「最近おかしくなっちゃったんじゃないかと?」と近隣の方に間違われるかもしれません。笑。

土日や祝日などを利用してIngressで楽しんでいると、同じようにIngressで遊んでいる人に偶然出会うこともあります。同時にIngressで遊んでいる人は同じIngressで遊んでいる人の行動がよく分かります。このような時はせっかくですので声をかけて楽しむのもまたいいと思います。

また、先輩プレイヤーと一緒にグループでIngressを楽しむという方法もまた面白いはずです。ゲームに集中しすぎずリアルな人との会話も楽しみましょう。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)