予備を持っておきたいLightningケーブル

管理人@かずぞうが使用しているスマートフォンはiPhoneになります。iPhoneに充電したり、Macやパソコンとデータ転送を行うために、基本的にはLightningケーブルが必要になります。

androidスマートフォン端末は一般的に広く出回っているMicro-USBで行う事ができますが、iPhoneはapple社の製品であるiPadなど一部の端末でしか使用できないLightningケーブルを採用しているところが難点でもあります。

使い勝手は先端が複雑な形状をしているMicro-USBに比べて板状のLightningケーブルの方が断然使いやすいのですが、モバイルバッテリーを含む何かの製品を購入するとMicro-USBしか付属されていないのが最大の欠点であると考えています。

仮にLightningケーブルが断線してしまった場合、替わりとなるケーブルが無く、電気屋さんやAmazonなどで購入しなければiPhoneが充電できない!などの問題がすぐに発生します。そうならないためにもLightningケーブルは1本ではなく、複数本持っておきたいものの1つです。

anker_lc02

スポンサーリンク
ad(336*280)

旅行と出張用に1本、自宅用に1本

管理人@かずぞうの場合はLightningケーブルを2本使いしています。1本はパソコンに常に刺さっていて、すぐにiPhoneを充電できる環境をつくっています。もう1本はモバイルバッテリー用に使用していて、出張や旅行などの外でも使用するものです。

仮にLightningケーブルが断線してしまった場合には、断線したLightningケーブルは捨てて1本買い直すという流れをつくり、万が一に備えています。

生活スタイルによってはLightningケーブルの本数がもっと多いかもしれません。

会社でもiPhoneを利用しているような働き方をしていれば、会社のパソコンから充電ができるように会社のデスクにも必要になるかもしれません。

正規品しか買ってはいけないLightningケーブル

LightningケーブルにはiPhoneをつくっているapple社の認証を受けたケーブルと、そうではないケーブルの2種類に分けられます。認証を受けたケーブルには「Made for iPhone」の文字が入り、MFI認証されたケーブルとなります。そうではないケーブルには、この文字は印字できないため無地のものとなります。

apple社ではそうではないケーブルを排除する姿勢を取っています。そうではないケーブルであっても問題なければよいのですが、粗悪なケーブルの場合、iPhoneにダメージを与えたり、データ転送性能が不十分であったり、ケーブルが燃えたりと問題が発生し、それによりiPhoneに重大な問題を引き起こす可能性があるからです。

結果的にMFI(Made for iPhone(iPad,iPod)の略)認証を受けていないLightningケーブルは、apple社がアップデートする度に充電ができなくなるなどのリスクを伴います。

anker_lc01

管理人@かずぞうが使用しているのは、アンカーのLightningケーブルです。MFI認証を受けた正規のケーブルです。ケーブルで1,000円以上支払って購入するのは高過ぎる!嫌だ!という方も多いかもしれませんが、MFI認証を得ていない安価なLightningケーブルはいずれ排除され、その度に買い直さなくてはなりません。

そうならないためにも、正規品のLightningケーブルを使用しましょう。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)