名鉄岐阜駅とJR岐阜駅の乗換所要時間チェック

日本中をはりめぐるように整備された鉄道ですが、いざ電車を利用してどこかへ出かけようと考えると困ることの1つに乗り換えがある。特にJRから私鉄への乗り換えは都市により乗り替えができる都市とできない都市など状況が異なる。

パターンをいくつか上げてみよう。

・JRと私鉄が同じホームを利用している
・JRと私鉄が同じ駅舎を利用している
・JRと私鉄の駅舎は別だけれど、歩いていける距離にある
・JRと私鉄が何キロも離れていて、乗り換えが不可能

主に4つのパターンに分けてみた。上に行けば行くほど簡単に乗り換えができ、下へ行けば行くほど乗り換えは困難となる。

岐阜市の場合は、JR岐阜駅と私鉄である名鉄岐阜駅は駅舎は別だけれど、歩いていける距離にあたる。鉄道の時刻表を見る限り、この電車に乗りたいけれど「乗り換えにどのくらいの時間がかかるのか?」ということをチェックしていきたい。

a0002_008707_m

スポンサーリンク
ad(336*280)

スマホアプリでは乗り換え時間10分!本当に?

管理人@かずぞうはJRや私鉄を乗り継いでどこかへ行く場合はスマホのアプリ(乗換ナビ:NAVITIME)を利用する事が多いです。アプリではJR岐阜駅と名鉄岐阜駅の乗り換え時間は徒歩10分と表示されます。

しかし、土地勘のない場所の場合、行ったことのない駅、歩いたことのない場所、どこに券売機や改札口があるかもわからず、10分で乗り換えができるのかは心配になります。電車を乗り過ごしてしまうと、すべてのスケジュールが崩れてしまう恐れもあります。

シミュレーションをしてみましょう。

名鉄岐阜駅の1階にある東改札口を出た場合はそのまま道なりに、2階にある中央改札口を出た場合は1階に降りてきましょう。JR岐阜駅方面へ少し歩いていくと、ペデストリアンデッキ(大きな歩道橋のようなもの)がありますので、エスカレーターやエレベータなどを利用して上にあがりましょう。そのまま歩いていくと、JR岐阜駅の2階部分に入っていけます。

JR岐阜駅では券売機、改札口ともに2階にあり、3階がホームという構成になっています。ペデストリアンデッキを利用することで、直接2階に行くことができます。また、これを活用することで信号を待って横断歩道を渡る必要もなくなります。

名鉄岐阜駅で下車をし改札口を出て、テキパキと歩いて券売機で乗車券を購入し、ホームへ行くまでの所要時間はおよそ10分です。その内、名鉄岐阜駅からJR岐阜駅の間を歩いている時間は5、6分ぐらいでした。

なれた人であれば10分で十分ですが、決して余裕がある時間ではなく「どこ?どこ?」と右往左往していると電車を乗り過ごします。もし、時間が取れるのであれば15分余裕があれば、途中にあるコンビニでペットボトルを購入できるかもしれませんし、ホームで一息つく余裕もあると思います。

走って電車に乗り込むことは危険ですし、ホームを間違えたり、電車を乗り間違える危険もあります。初めて行く土地では余裕を持った時間配分で行動しましょう!!

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)