路地の奥にある緑と花の世界“Cotoha”

管理人@かずぞうが京都へ行くと決めてから、京都市バスで行ける自分自身が気になる場所を探していたところCotoha(Plants&Antiques)さんに出会いました。Cotohaに行きたいと思った第一印象は店舗内です。グリーンに彩られた写真を見たときに行くしかないと思いました。

cotoha

スポンサーリンク
ad(336*280)

二条城近くの本店に行きたい

Cotohaさんは現在3つの店舗を構えています。東京の住宅関連のショールームがある「cotohaリビングデザインセンターOZONE店」、「Flower&Green cotoha東急ハンズ京都店」、本店の「cotoha」です。本店のcotohaに伺う前にcotoha東急ハンズ京都店に寄ってみたのですが、デパートの出入口付近に店を構える普通のお店だったので、本店の「cotoha」さんへ伺うことにしました。

cotohaさんへは、京都市バス「二条駅前」もしくは「神泉苑」で下車をして少し歩くとあります。もしくは、山陰本線「二条駅」を下車して歩くのも良いです。管理人@かずぞうは「烏丸御池」から系統61、62、63、64を利用して行きました。

上の写真でもあるように、歩いていても看板があるだけでcotohaさんは現れてくれません。この看板を見つけたら奥(路地)を見ると「店がある!」と気づきます。cotohaさんの1階には雑貨も少しだけ置いてあるフラワーショップBlowmist BOOM、2階にcotohaがあります。

そのため、路地を見たら花が置いてあるBlowmist BOOMさんを目印に歩いていきましょう。階段を上がればcotohaさんです。

店舗はまさにお洒落な植物園

2階に上がると、コンクリートの床にスチールや無垢板の家具の上に溢れるばかりの植物が置かれています。特に目につくのは2m、3mといった大きな植物が多いことです。歩く通路にも植物が軽やかに覆い被さってくる感覚は、まさに植物園です。

また、cotohaさん全体もお洒落なのですが、植物1つ1つも味のある形をしていて興味がわきます。しかも、聞いたことのない植物名ばかりでしたのでワクワクしてしまいました。

ウロウロと店内を探索していたら店長さんが紅茶を渡してくださいました。管理人@かずぞうは観光客であり、植物を持って帰ることができないことから何も購入できませんでした。とても恐縮でしたが、紅茶美味しかったです。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)