関西で質の高いフリーペーパーが集まる只本屋

家族で自然体験!思い出の旅体験型旅行はTABICA!

チケットやクーポンがたくさん乗っているフリーペーパーではなく、地域情報やアート、読み物としてのフリーペーパーも数多く発行されています。フリーペーパーの種類は企業とタイアップしているものから自費出版のようなもの、学生が発行しているものなど様々で、形状も新聞紙のようなもの、B5やA6などの冊子状のものなどがあります。

東京では「ONLY FREE PAPER」が有名で全国からフリーペーパーが集まりますが、関西地方ではありませんでした。その中で京都にフリーペーパー専門店「只本屋」が2015年にオープンしました。

201602291751

管理人@かずぞうが只本屋さんへ伺ったのは、2016年の2月最終週です。当日はカメラも来て、取材もされていました。

スポンサーリンク
ad(336*280)

質の高いフリーペーパーが集まる只本屋

只本屋さんは月に1度だけオープンするフリーペーパー専門店で、オープンするのは毎月末の土曜日、日曜日の2日間だけです。古い町屋を改修した2室を利用してフリーペーパーがディスプレイされています。

フリーペーパーの種類や量は店内を埋め尽くすほどというものではなく、1つ1つのフリーペーパーが大切扱われていて、全種類パラパラと見る程度であれば、30分から1時間程度で可能です。
管理人@かずぞうが見ている時でも数人が店内にいて、1冊、また1冊と手に取る人が多かったことから、人気のフリーペーパーは入荷後、すぐに品切れになってしまうように思いました。

管理人@かずぞうが只本屋さんの名前を知ったのは、クラウドファンディング「GREEN FUNDING by T-SITE」で店舗改修費用の支援を行っていた時です。無事に目標金額を達成し、2015年内に改修が行われて現在に至ります。

クリエイティブな活動をされている方であれば、多くのフリーペーパーから刺激を受けることができますし、楽しめると思います。

看板を目印に只本屋へ行こう

只本屋さんは清水寺近くにありますが、入り組んだ道の奧にあるため、土地勘のない人が店へ行くためには地図が欠かせません。

京都駅から京都市バスのバス停「馬町」か「五条坂」で降りて、小さな甘味処である「ことたま」を目指して歩きます。「ことたま」を通り過ぎ、奧へ歩いて行くと只本屋さんはあります。

201602291750

分かれ道の部分には看板があり、看板に沿って道なりに歩いて行きましょう。管理人@かずぞうもグーグルマップを見ながら歩きましたが、入り組んだ道は分かりにくいため、看板が大きな手がかりとなります。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)