満車はない!?浜松で安くて便利なコインパーキングエリア

管理人@かずぞうは浜松へ行くときに電車を利用することもありますが、車で行く割合の方が多いです。東海道新幹線の浜松駅は「のぞみ」が停車せず、「ひかり」と「こだま」に乗車しなくてはいけません。車の方が早く浜松へ到着できることもあります。

201607311741

浜松市中心部に車を駐めておきたい場合、困るのが駐車場です。管理人@かずぞうがよく利用する浜松市中心部のコインパーキングをお伝えします。

スポンサーリンク
ad(336*280)

コインパーキング集まった浜松駅西エリア

管理人@かずぞうが浜松市中心部でよく利用するコインパーキングは浜松駅西側にある平田町エリアです。平田町エリアには、全国展開している日本パーキング(NPC)、リパーク、名古屋を中心とした名鉄協商パーキング、地元のかじプラパーキングなどが集まっています。

そのうち、日本パーキング、リパーク、かじプラパーキングは平面駐車場以外にも、数百台駐車できる自走式立体駐車場があります。自走式立体駐車場も車同士の幅が広めに計画されていて、駐めやすいのもよいです。

土地勘のない浜松市内を車でコインパーキングを探すべくグルグルとまわらなくても、この場所へ行けば、必ず空いているというところもポイントです。

駅が近くて駐車料金も安め

浜松駅や浜松中心部のザザシティからコインパーキングが集まる平田町エリアまで、共に500mほどであり近いところもポイントです。

コインパーキングが集まっていることで、各コインパーキングで特徴が違うところも面白いです。例えば、日本パーキング(NPC)は24時間、700円の打ち切りを設定していますが、リパークは12時間、600円の打ち切りを設定しています。(2016年8月現在)当日の予定に合わせて、コインパーキングを選ぶことができます。

平田町エリアから100mほど駅に近づくと、打ち切り料金が800円から1000円と高くなることから、浜松の駐車料金が安い部類にも入ります。浜松ナンバーの車もたくさん駐車していることから、地元の方もよく使用する駐車場とも言えますし、使い勝手のよいコインパーキングエリアと思います。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)