女性が行きたくなる彦根のお店「& Anne」

家族で自然体験!思い出の旅体験型旅行はTABICA!

彦根市にはゆるキャラ“ひこにゃん”で一躍有名になった彦根城以外にも、立ち寄りたい店がいくつもあります。その中の1つとして洋菓子や雑貨、書籍を販売している「& Anne(“アンドアン”と読む)」があります。

201609060927

& Anneさんは2013年に昔ながらの歩道に屋根がかかる彦根中央商店街の一角にオープンしました。彦根のお菓子屋さんとして有名な“菓心おおすが”さんのお隣であり、商店街の中にあるお店とは思えないほど、外観もシンプルなため、歩いていると「この店だ!」と誰もが発見できると思います。

スポンサーリンク
ad(336*280)

女性が行きたくなるお店

& Anneさんは洋菓子と書籍を中心に雑貨も販売しているお店です。商店街に面している窓から見えるのは洋菓子屋さんで、見ているとお店に吸い込まれそうになります。お店のドアを開けて左側に洋菓子コーナーはあります。当日中に食べるお菓子以外にも、お土産にできるような焼き菓子、コンフィチュール、ちょっとした小物も販売されているところも嬉しいところです。

何を買おうか、おしゃれで目移りしてしまいます。

洋菓子が販売されている場所より奧へ進むと雑貨や書籍が販売されているスペースへと続きます。

本のラインナップが絶妙で凄すぎる

& Anneさんで取り扱っている本のラインナップは女性のライフスタイルを中心としたものが多かったのですが、1つのジャンル縛られることなく、文学、生活、料理、建築、デザイン、絵本・・・など、あらゆる本や雑誌を集めています。

見る人が見ると絶対に「これも読みたい!これも読みたい!」となります。そんな本が並んでいます。

管理人@かずぞうも本を1冊購入させていただきまいた。

本であっても、自分用とお土産用(贈呈用)のどちらの包装がよいか聞いてくれます。管理人@かずぞうは自分用です。

201609060930

半透明のサラサラとした袋に入れてもらえるのですが、中の本が見えないように本の表紙側に1枚の紙を入れてくれます。これによって、半透明の袋であっても、恥ずかしがることなく外を歩けます。笑。

中に入れてくれる1枚の紙もおしゃれで、& Anneさんのセンスの良さを感じてしまいます。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)