クランク角センサーの故障でエンジンストップ!

家族で自然体験!思い出の旅体験型旅行はTABICA!

信頼できる自動車工場(こうば)に車検を含めてメンテナンスお願いしていたことと、自分でできる定期的なメンテナンスは行ってきたこともあり、今まで車が故障をして立ち往生したという経験はなかったのですが、今回はじめて出先で何もできず途方に暮れました。

車は日産のcube(キューブ:BZ11型)です。

201610041530

自分は車について知識のない素人です。もし、同じ車に乗っている人が「そういう事もあるんだ」と知っておいていただく機会にになれば嬉しい限りです。

スポンサーリンク
ad(336*280)

センサーの故障で車が故障したと分かるまで

朝に何事もなく鍵穴に差したキーを回してエンジンをかけました。いつも通りの車で、そのまま高速道路に乗り、40kmぐらい走ったところで異変が発生。90km/sぐらいの速度で、車を追い越そうとアクセルを踏み込んだ時のタコメーターは3000回転ぐらいをさしていました。その瞬間「ブゥーン」と音とともに、エンジンの回転数が2000回転ぐらいまで一気に落ちてしまいました。

その時は「?」と思い、もう一度、アクセルを踏み込み直したらエンジンの回転数が3000回転ぐらいまで上がったので、問題なく走り続け、サービスエリアで休憩をとるために駐車しました。休憩後、エンジンをかけようとキーを回しても「ブルンブルンブルンブルン」とエンジンのかかりが明らかに悪かったのを覚えています。

そのまま高速道路を走り、目的地のICで下りて一般道を走っていて思うことは、明らかに車がいつもと違うということです。アクセルの踏み込み量に対して、エンジンの回転数と出力が比例しないこと、また、アクセルの踏み込みが軽すぎることです。「こんなにスカスカだったかな」と思い、コンビニでエンジンをかけたまま車を駐めて、ボンネットを開けても変わったところは無いように感じました。

問題はその後に起こります。

いろいろ終えて、駐車場から車を出そうとエンジンをかけて、少し走ったところで走行中にエンジンが停止しました。ほとんどスピードが出ていなかったこともあり、何かにぶつかることなく停止することはできました。お世話になっている自動車工場の方と電話で話した結果、センサー関係なのではないかと言うことがなんとなくわかり、JAFのロードサービスに連絡をして、JAFの作業員の方にチェックしてもらったところ、そのままレッカーで運ぶことが決定し、近くの日産ディーラーへ運んでもらいました。(自分とともに・・・)

日産ディーラーで修理を行う

日産ディーラーのサービス時間を過ぎていましたが、チェックだけならできると言っていただき、チェックをしてもらったところ、クランク角センサーの故障だとわかりました。高速道路走行中にエンジン停止していたらと思うと・・・ゾッとしました。

その日は日産ディーラーに車を置いて帰宅し、修理をしてもらった後に車を受け取りに行きました。修理料金は部品代と技術料を合わせて15,800円ぐらいでした。

正直なところ、今でも怖い

車自体は修理され、問題なく今も動いてくれるのですが、自分自身の気持ちが前のように戻ってくれません。走行中にエンジンが停止してしまうと、ブレーキを踏んでもエンジンのアシストが停止してしまうため、ほんとに止まってくれないんです。キューブの場合はサイドブレーキも足で踏み込むタイプのもののため、とっさに左足はサイドブレーキ、右足はブレーキなど、踏み込むことは不可能です。

やっぱりまだ「急にエンジン停止するんじゃないか」って思ったりして、車間距離を広めにとり、赤信号になりそうだなと思ったら、前もって足はブレーキの位置においています。

そのうち気にならなくなるとは思いますが、自分の場合は少し時間が必要なようです。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)