甲府湯村温泉 湯村ホテルB&Bに宿泊してみた

家族で自然体験!思い出の旅体験型旅行はTABICA!

山梨県甲府市で宿泊先を探していたところ、駅周辺のビジネスホテル、もしくは山梨県唯一の温泉郷である湯村温泉郷のどちらかにしようと考えていました。その中で選んだホテルが「湯村ホテルB&B」です。

湯村ホテルB&Bに宿泊した理由は2つあります。

1つ目は、管理人@かずぞうが宿泊した曜日が土曜日であり、平日に比べ多くのホテルでは土日祝日は宿泊代が割高になります。その中で「湯村ホテルB&B」は平日も土日祝日も宿泊料金が一緒でした。街中のビジネスホテルと湯村ホテルB&Bの宿泊代にあまり差が無くなったため湯村ホテルB&Bを選びました。(平日であれば、街中のビジネスホテルの方が千円単位で安かった)

2つ目は、温泉に入りたかったからです。普段は足を伸ばして入浴することができないこともあり、広い温泉に入りたいなと思ったのが理由です。

管理人@かずぞうが「湯村ホテルB&B」に宿泊した際には楽天トラベルより申し込みを行い、シングルルームの素泊まり料金は税込・入湯税込6,448円でした。

スポンサーリンク
ad(336*280)

湯村ホテルB&Bのシングルルーム客室はこんな感じ

201611032101
客室のドアを開けてユニットバスを通り抜けるとベッドとカウンターデスクがあります。シングルルームは13㎡とありますが、通路部分が長いためか実際にはもう少し狭いように感じてしまいました。テレビは少し小さめ。

201611032102
ベッドは広くも狭くもない丁度いいサイズでした。枕元に棚がないため目覚まし代わりのスマートフォンが置けず、ベッドの横にイスを置いて対応しました。ベッドに目覚まし機能はありません。
有線LAN端子がベッドの下にありますが、無線LAN環境も完備されています。

201611032104
カウンターデスクにはいろいろ情報が揃っています。ただ目に付くところにコンセントが無く、パソコンを使用しながら書類作成などは難しいように思います。

201611032103
ベッド側から客室のドア側を見ると、左に鏡、右にユニットバスがあります。ドア付近にクロークと冷蔵庫が設置されていました。

201611032106
クロークにはハンガーが2つ、通路に1つあったため、ハンガーは合計で3つありました。

201611032107
小型のホテル用冷蔵庫が設置されています。ペットボトルやビールなどを入れるのに便利です。

201611032105
ユニットバスは通常のサイズで、トイレはウォシュレットが温水機能付きだったのは嬉しかった。バス部分は温泉を利用したため使用していません。

201611032108
ユニットバスの片隅にコンセントが2口あります。カウンターデスクとは歩く部分を挟むため、使い勝手はあまりよくないかもしれません。ビニルクロスが剥がれかけていて、あまり綺麗ではないですね・・・

201611032109
カウンターデスクの横にはズボンプレッサー(CORBY3000)が設置されています。管理人@かずぞうは使用していませんが、スーツの方にはありがたいもの(なのかな)

湯村ホテルB&Bは温泉付きのビジネスホテル

管理人@かずぞうが宿泊した客室はエレベータ近くの角部屋で山側(裏側)という、あまりよい環境の客室ではなかったせいか、エレベータの動作音はあまり聞こえませんでしたが、通路で人が喋ると、その声が客室まで響いてきていました。(家族連れが多いホテルではないため、常に誰かが喋っている環境ではありません。)
ただ、客室同士の壁が薄いのか、隣の人がトイレを流すと音が聞こえたり、隣人のイビキがこちら側まで聞こえたりと、気になる部分はありました。

もう1点、気になる点があるとすれば駐車場です。無料駐車場を併設しているのですが、車と車の間隔が都会のコインパーキング並に狭く、大型の車が隣に駐車されていると、自分自身が運転席から出入りするのが大変でした。

あまりよい点を書いていませんが、管理人@かずぞうが勝手に期待しすぎていたとも言えます。

湯村ホテルB&Bの料金設定はシングルルーム1室6,000円から7,000円の価格帯ですし、この価格で温泉が充実している思えば、金額なりの客室であったように思います。

高級なシティーホテルでも名の通ったビジネスホテルでもありません。手の行き届いている感じはしませんが、ビジネスマンや一人旅でも気軽に宿泊できる普通の温泉付きビジネスホテルです。

温泉最高!

客室や駐車場は普通でしたが、温泉は最高でした。湯村ホテルB&Bは宿泊者や日帰り入浴者が入浴できる24時間掛け流しの大きな風呂(志磨の湯)、露天風呂(若返りしびれ湯)に加えて、宿泊者専用の小さな露天風呂(かくし湯)があります。

管理人@かずぞうは22:00頃に入浴へ向かったところ、自分を含めて2人しか入浴していなかったため、一人ずつで片方の風呂を独占できました。朝も7:30頃に入浴へ向かったところ合計4人でしたので、十分満喫できました。

少し離れたところにある宿泊者専用の小さな露天風呂は2人〜3人入浴したら満員になるほど小さいですが、管理人@かずぞうが入浴へ行った時間帯は誰もいなかったため、ゆっくりできました。

温泉は途中で従業員の方が垢すりタオルの交換や簡単な洗い場の掃除、桶の整理などをしてくれるので、綺麗な状態を常に保っているようでした。

温泉の効用や効果はわかりませんが、お湯に浸かっていると体中がポカポカとなり、夜寝る前まで寒さを感じることはありませんでした。

湯村ホテルB&Bへのアクセス

バス
甲府駅南口より乗車し湯村温泉入口下車します。(所要時間15分程度)バス停西に歩くと「湯村温泉街(湯村温泉門前通り)」の看板が見えますので、道の中へ入って行くと湯村ホテルB&Bが右手に見えてきます。(所要時間5分程度)

タクシー
甲府駅北口よりタクシーで10分程度で湯村ホテルB&Bに到着できます。


湯村ホテルB&Bへは駐車場(90台分)が完備されていることから車でのアクセスが最も便利だと思います。甲府市内は朝や夕方は車の交通量が増えますが、その時間帯を外せば渋滞に巻き込まれる可能性が低くなります。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)