カフェインレスコーヒーが飲めるカフェ

以前は1日に3杯から4杯ぐらいは飲んでいたコーヒーですが、ある日を境にコーヒーが全く飲めなくなってしまったため、コーヒーが飲めない自分でも飲むことができるカフェインレスコーヒーを販売しているお店を調べてみました。

昔ながらの喫茶店はもちろん、ドトールやスターバックスなどのコーヒーショップ、コンビニなどでも簡単にコーヒーはテイクアウトできます。どこでも簡単に飲めるようになったコーヒーですが、カフェインレスコーヒーが欲しいと思った時にどこでカフェインレスコーヒーが飲めるのか、分からないのが現状です。

アメリカなどではカフェインが入っている普通のコーヒーと共に、カフェインレスコーヒーもメジャーになっていますが、日本ではまだまだ認知度が低い商品です。カフェインレスコーヒーの販売はしているけれど大きくPRしていないお店もあり「お店に入ったもののカフェインレスコーヒーが販売されていなかった・・・」という残念な感じを減らすことができればと思っています。

スポンサーリンク
ad(336*280)

カフェインレスコーヒーが飲めるカフェ

スターバックスコーヒー(Starbucks Coffee)

スターバックスコーヒーでは、カフェインレスのことをディカフェという名称で取り扱っています。通常のドリップコーヒーだけではなく、ラテやキャラメルマキアートもカフェインレスでいただけるのは嬉しいところです。

管理人はスターバックスコーヒーに行ったときには「ディカフェ スターバックスラテ」を注文します。通常のコーヒーに比べ、ディカフェはすべて+50円なのが厳しいところです。

ドトールコーヒー(DOUTOR)

日本で街中から地方まで出店しているドトールコーヒーもカフェインレスコーヒーを取り扱っています。しかも、通常のコーヒーと同じ金額でカフェインレスコーヒーを飲むことができる点はすごいですが、通常のコーヒーのように入れてくれるわけではなく、紅茶のようなティーパック方式で、ちょっと味気ない・・・と感じるかもしれません。

カフェインレイスはコーヒー、ラテ、豆乳ラテの3種類で、取り扱っていない店舗もあるため、注意が必要です。

ターリーズコーヒー(Tully’s Coffee)

スターバックスと同じアメリカシアトル系のコーヒーショップであるターリーズコーヒーもデカフェとしてカフェインレスコーヒーを提供しています。本日のコーヒーに比べて+40円で飲むことができます。ただし、一部取り扱いのない店舗もあり、注意が必要です。

ミスタードーナツ(Mister Donut)

ミスタードーナツでは「カフェインを97%カットした生豆を使用したコーヒー」を販売しています。通常のドリップコーヒーよりも+30円と差があまりないところは嬉しいです。

*すべての情報は2017年8月現在のものです。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)