子どもを遊ばせられるNEOPASA静岡上り

新東名高速道路の御殿場JCTから三ヶ日JCT間の開通に伴って、2012年4月にオープンしたNEOPASA静岡。オープンしてから一度も立ち寄ったことがなかったため、「NEOPASA静岡上り」で休憩してみることにしました。

管理人が寄ったのは土曜日の11:00頃だったのですが、駐車場に駐まっている車はまばらで人気のサービスエリアという訳ではありませんでした。

普通のサービスエリアと言えなくもないけれど・・・

駐車場に車を駐めてトイレに向かったのですが、トイレはサービスエリア内に2ヶ所あり、どちらもほどほど大きく綺麗でした。1ヶ所ではなく2ヶ所あるというところがありがたいです。

肝心なサービスエリアですが・・・うーん。お土産売り場は充実しているのですが、飲食できる店舗は少なく、これが名物!というものもあまりそろっていません。すごく普通なんです。

株式会社バンダイが運営するガンダム関連の商品を販売する「STRICT-G」はNEOPASA静岡下りにしかなく、NEOPASA静岡下りは建物自体が赤と白のガンダムを意識したカラーリングで目を引きます。

ただNEOPASA静岡上りにもいいところがあり、建物正面に小さな山がつくられた遊び場エリアがあります。

車の中で窮屈にしている子どもたちを走らせたりするには最適な場所で、サービスエリア内でありながら走り回っても安全ですし、いいかなと思います。

小型車用駐車場に入りにくい?

管理人はコンパクトカーで移動していたのですが、NEOPASA静岡上りの小型車用駐車場(一般車用)に車を駐められず、大型車用駐車場に車を駐めてしまいました。駐車場は空いていたにもかかわらずです。

NEOPASA静岡上りは、高速道路からランプウェイに入りすぐ左側に行くと小型車用駐車場、真っ直ぐ行くと大型車用駐車場に行くことができます。初めて行くサービスエリアでは、駐車場の配置や建物の位置などが分からないため看板を見て判断しますが、駐車場案内の看板の位置、道路の幅やカーブの角度、ランプウェイの短さや勾配などから、「こっちが小型車用駐車場だな」と判断するよりも先に車が前に進んでしまい真っ直ぐ行ってしまいました。

思った以上に車のスピードが出ていたのだと思いますし、このスピード、このタイミングで急にハンドルを切るのはよくないなと一瞬で判断したのだと思います。

「しまったな〜」と思い大型駐車場へ向かうと、同じような小型車が10台以上も駐まっていました。自分だけではないんだと思いましたが、大型車のドライバーが駐車場に車を駐めにくくなってしまうため、できるだけ小型車用駐車場に駐めたいところです。(駐車場が空いていたのは幸いでした・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)