空港で荷物だけが届かないときの手続き

家族で自然体験!思い出の旅体験型旅行はTABICA!

飛行機を使用した時にたまに起こるのが、自分自身は目的地に着いているのに、荷物だけが空港に取り残されたり、他の便に載ってどこかへ行ってしまうというミスだ。

海外の目的地へ一本で行けるときはあまりミスはないのだけれど、トランジット(乗り継ぎ)をした場合は注意が必要で、特にトランジットの時間が1時間など少ないときは特にそう。

管理人@かずぞうも遭った経験があります。

運良く行きではなく、日本に帰国するタイミングでの荷物未着だったため、まだ助かりました。荷物が未着だということがわかればカウンターへ行きます。

そこで、
・名前
・後日荷物を届けるための住所
・つながる電話番号
・仕事(会社員など)
・同乗していた家族人数
・キャリーケースの主な中身
・キャリーケースの形状(ソフト?ハード?)
・キャリーケースの会社名(サムソナイト?エース?ノーブランド?)
・カギの有無(あればカギを預ける。番号なら番号を教える)
などを書き、パスポートの提示もあります。

結構めんどくさいです(笑)

カギは中身に変な物が入っていないか、税関上のチェックもあるためです。(詳しくはその場で説明があります。)その後、順調に空港に荷物が届けば2〜3日程度で自宅に着くでしょう。

管理人@かずぞうがそれで一番困ったのは、「携帯電話の充電です」

衣類などは替えがありますし、他に問題はなかったのですが、携帯電話の充電器をキャリーケースの中に入れていたので、携帯電話の充電ができない状況に陥りました。

仕方なく、1回充電のためにdocomoショップへ行きましたが、ちょっとした問題が起こる場合があります。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事
スポンサーリンク
ad(336*280)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)