車での国内旅行は目薬を!

管理人@かずぞうは仕事の出張や旅行の際は車で目的地へ行くことが非常に多いです。理由は単純に交通費を押さえられるからです。(もちろん、乗らない車に税金を支払い続けるのは勿体ないという理由も・・・)

目的地が近い場合はもちろん車ですが、特に小さな町や山間部、電車で行ったら大回りになってしまうような場所、目的地が駅や空港からアクセスが悪い時なども車で移動します。

ただし、大都市や地方都市の場合は市街地での車の駐車場所を探す手間や渋滞でイライラすることがあるため、その場合は電車や飛行機、バスなどの公共交通機関を使用するようにしています。

管理人@かずぞう自体は運転は好きな方です。個人差はあると思いますが、5時間6時間、または半日など慣れない土地や道を運転し続けていると運転中でも目が疲れます。もしくは、その日の夜すごく疲れています。

となるとやっぱり目薬は必需品です。

1. 運転中の目の疲れを和らげる
2. 眠いときに目がパッチリする(←重要!)
車で移動するときは常備品にしている1つです。

それと共に、もう1つ常備している目薬は「アレルギー性花粉症用の目薬」です。管理人@かずぞうは花粉症なのです。

E79BAEE896AC
鼻炎対策アルガード(左)、アレルギー対策目薬ロートアルガード(中)、通常目薬サンテアイリス(右)。

特に決めている会社はありませんが、アレルギー性と通常の目薬は必需品。

季節的に山間部に行くと顕著なのですが、どんなに車の窓を閉めて空気を遮断してもどこからとも無く花粉は車内に入ってきます。運転中に花粉によって涙が止まらなくなり、運転中に目がウルウル状態で前が見えず非常に怖い思いをしたことから常備するようになりました。

街中ではまだ花粉があまり飛んでいなくても、山間部は花粉が飛んでいるときがあります。花粉症の方は持って出かけることをオススメします。山間部ではすぐにはドラッグストアも無く、苦しい思いをします・・・。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事
スポンサーリンク
ad(336*280)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)