飛行機内でしたくなる”おなら”の謎

家族で自然体験!思い出の旅体験型旅行はTABICA!

飛行機に乗っていると”おなら”が出やすくなると言われています。人に直接話したり、聞いたりできる内容ではないので謎は深まるばかりです。

単刀直入にいうと管理人は飛行機内で”おなら”出やすくなる派です(笑)。

”おなら”は体内のたまったガスを体外に出そうとする働きです。地上にいるときは一般的には1気圧ですが飛行機内の中は地上より気圧を下げているため、体内のガスが膨張して”おなら”が出やすくなります。

元々人間の体質としてガスがたまりやすい人、たまりにくい人がいると思います。地上で”おなら”が出やすい人は確実に、”おなら”をほとんどしない人は飛行機内でもしたくならないかもしれません。

スポンサーリンク
ad(336*280)

飛行機内のマナーとして”おならをするときはトイレに行きましょう!”

たまに”飛行機内でするおならは臭くない!”や”飛行機内の気圧は低いからおならは下の方に停滞するから大丈夫!”などの意見も出ますが、本人の体調により臭いが出る場合と出ない場合がありますし、必ずしも音が出ないおならができるとは限りません。

飛行機には海外の方もたくさん搭乗されていますので、日本人の恥にならないようにしましょう(笑)

また、基本的には”おなら”がしたくなるのは長距離の場合です。1時間や2時間などの短時間のフライトの場合は気圧の関係を受けにくいと思われます。

比較的新しい機体、特にボーイング787などの最新機隊は他の機体よりも”より地上に近い気圧”に設定されているようです。最新技術によりエチケットの面でも非常にありがたい機内環境ができているようです。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)