Mole & Hosoi Coffee−男の隠れ家的カウンターカフェ

家族で自然体験!思い出の旅体験型旅行はTABICA!

管理人@かずぞうが今までで初めて出会ったコンセプトのコーヒー店で衝撃を受けたのが「Mole & Hosoi Coffee(モールホソイコーヒー)」でした。

カウンターのみでわずか9席の珈琲店で一見するとバーなのですが、そこには珈琲の香りが佇む空間なのです。

DSCF1173

レトロなビルの地下にある珈琲店

Mole & Hosoi Coffeeは御堂筋から一歩中に入った通りにある築80年程度のレトロなビル「芝川ビル」の地下にある珈琲店です。芝川ビルの入り口を入るとすぐに階段があり下っていくとあらわれます。

DSCF1188
DSCF1177
元々は芝川ビルの金庫として利用されていたところを改修して珈琲店となっているため、何とも言えない雰囲気のある空間になっています。入り口を入るとカウンターが横にスパッと通っていて、中には格好の決めたマスターが一人。完全に男の隠れ家という雰囲気で、店内に置いてある1つ1つの棚や品々もこだわりの物だと感じました。

会話を楽しむ空間ではなく、一人でもじっくりと珈琲を楽しめる大人な空間です。

しかし・・・

管理人@かずぞうが行った時には店内にお一人女性が2人。それぞれの過ごし方で珈琲を楽しんでいました。(女性の後ろ姿は格好良かった・・・)

美味しい珈琲

管理人@かずぞうが頼んだ珈琲の名前は忘れてしまいましたが、Mole & Hosoi Coffeeさんの一番スタンダードなホットコーヒーをお願いしました。管理人@かずぞうは毎日珈琲を飲むほど珈琲は好きですが、詳しいことは全くしりません。

このMole & Hosoi Coffeeさんでいただいた珈琲は雑味も余分な物もなく素直に「おいしい」と思った珈琲でした。あまりに美味しかったので、豆を100g購入してきました。

ちなみに、Mole & Hosoi Coffeeのパンは大阪で並ばないと買えないほどの大人気のブランジュリ タケウチのパンです。今回は食べませんでしたが、次回行った時は食べてみたいと思いました。

DSCF1185
Mole & Hosoi Coffeeは有名で、関西の情報誌meetsでも表紙になってしまうほどのお店です。みなさんのお気に入りのお店の1つになればと思います。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事
スポンサーリンク
ad(336*280)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)