クラフトフェアまつもと2015に行ってきました。

家族で自然体験!思い出の旅体験型旅行はTABICA!

昨年に引き続き、長野県松本市で開催された「クラフトフェアまつもと」へ行ってきました。今年は5月30日(土)、31日(日)に開催され、管理人@かずぞうが行ったのは30日(土)です。2015年はクラフトフェアまつもとが始まり31年目を迎えています。

craftfair_matsumoto_2015_01

スポンサーリンク
ad(336*280)

とにかく熱かったクラフトフェアまつもと2015

2015年のクラフトフェアまつもとで一番最初に思いつくことは「暑かった!」ということです。節目となった昨年のクラフトフェアまつもと2014(30周年)の時は、朝8:00、9:00頃は涼しく、長袖の衣類を1枚着ていないと寒いぐらいでした。しかし今年は同じ時間であってもTシャツ1枚で十分過ぎるほど気温が上がりました。

気象庁の天気予報でも最高気温32度と予想され、7月中旬並みと言われていましたが、この予想が見事に当たったというところです。

クラフトフェアまつもとの会場となっている「あがたの森公園」は木々が生い茂るスペース、池があるスペース、芝が広がるスペースなど緑豊かな場所です。大きな木がたくさん密集しているところは比較的涼しい風が抜けますが、それ以外のブースでは熱波に加えて、地面からの照り返しも強く、出展者の方々は倒れないでください!と心配するほどでした。

面白い話題としては、金属作家さんの作品がことごとく凶器と化してしまっている現象ですね。あまりの太陽光の強さに熱を持った金属は触った瞬間に熱くて火傷をするレベルに達していまして、美しい食器、カワイイアクセサリーに気安く触れない。金属の皿などは「ここで目玉焼きが焼ける」と話しているほどでした。

やっぱり!?市内は人で混雑、車は大渋滞!

クラフトフェアまつもとの会場である「あがたの森公園」から松本市内へ行ってみると、市内へ訪れた人が分散するといっても自分と一緒の「旅行者だな」と思われる人はたくさん見かけます。観光スポットやギャラリーはもちろんのこと、飲食店もランチは満席でなかなか食べられない状況は昨年同様に健在です。

松本市内には数多くのコインパーキングがありますが、どこの駐車場もほぼ満車の状態です。しかし、意外に出入りがあるようで、早朝の時間帯ではなく11:00、13:00といった混雑ピーク時間であっても数台空いていて「空車」表示が出ている場所もありました。

ただ、駐車場は空いていても、松本市内は比較的車の量が多めであり、特にJR松本駅やパルコ付近は渋滞し、少しずつしか進めません。松本中心部以上に渋滞が激しいポイントは、松本中心部以外の主要道路です。特に国道19号線はインターチェンジから松本中心部を目指す車、国道19号線を通り抜けて安曇野や長野市や塩尻市の方へ抜けたい車、地元の車などが混在し大渋滞です。ここは覚悟して置かなくてはならないと言えます。

ただ救いなのは、渋滞が発生している状態であっても歩行者と車が事故してしまいそうなシチュエーションや車のクラクションが鳴り響くようなことは見たことがないということです。どの車も安全運転をしています。「あがたの森公園」周辺では信号機を止めて、警備員さんが交通整理をきちんとされていましたので、車も歩行者も安全に歩くことができました。

お客さんの数は減少傾向のように感じる・・・

管理人@かずぞうはクラフトフェアまつもとへ2014年と2015年の2回行きましたが、昨年の2014年に比べ今年の2015年は来場者が減ったなと感じています。この記事を書いている時には松本クラフト推進協会より2015年の正確な来場者数は発表されていませんが、あがたの森公園へ向かう途中の人混み具合、初日朝方の人の集まり具合、実際のブースや園内の人混み具合から、そのように感じています。

クラフトフェアまつもとの来場者が劇的に減ったとは思いませんが、一部分ずつのシチュエーションで昨年に比べて人がちょっと少ないなと思いました。

昨年に比べて今年は暑いという予報が出ていましたし、2日目は雨が降るかもしれないという予報もあり、気候の良かった昨年より天候には恵まれていない状況だったことは間違いありません。

それ他に要因があるとすれば、ここ数年は日本中でクラフトフェアが開催されるようになり、お客さんがそちらに取られているとも言えると思います。クラフトフェアまつもとを運営してきた方々の頑張りにより、クラフトフェアという企画が一般的になってきた結果かなと思っています。

クラフトフェアまつもとを中心に広がる数多くの企画

松本中心部のクラフトに対する動きも最近は変わってきました。クラフトフェアまつもとだけが企画なのではなく、「五月の工芸」と題して、4月の最終週あたりから展示や企画、ワークショップなどが松本市中心部のあらゆるところで行われています。その最後のシメがクラフトフェアまつもとです。

craftfair_matsumoto_2015_02

松本中心部にあるお店に伺うと、よくクラフトフェアまつもと前日に松本市内中心部の行きたいお店やギャラリーなどに足を運び、クラフトフェアまつもと当日はクラフトフェアまつもとだけに専念した方がいいですよという話を聞きます。

それぐらい松本には行くべきお店が多く、クラフトフェアまつもと当日にしか開催されない特別なワークショップなどの企画も目白押しということです。

クラフトフェアまつもとへ行くからには、後悔しないようにスケジュールを組んでいきましょう!

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)