デジカメや携帯電話の充電に変圧器は必要ない

家族で自然体験!思い出の旅体験型旅行はTABICA!

海外旅行や出張の際、ホテルでどうしてもパソコンやデジタルカメラ、携帯電話などの電化製品の充電は必要になりますね。世界中にはコンセントプラグの形状の他にも使用している電圧もさまざまです。

電圧とは「V(ボルト)」で表示されていて、日本では一般家庭は通常100Vの電圧で、小さな工場などでは200Vの電圧が普通ですね。

昔は日本国内で買う家電製品はほとんどが100Vしか対応していませんでしたが、今は日本国内の会社もグローバルに製品を作り販売しているため、世界中の電圧に対応した製品も数多く出回っています。例えば、デジタルカメラの充電器の裏です。

E99BBBE59CA7

ちょっと写真が見にくいですが・・・電圧の所が「INPUT 100V-240V」と表示されていますね。電圧が100Vの日本でも240Vのヨーロッパなどでもこの商品は使えると言うことになります。この場合変圧器は必要ありません。

他にも携帯電話やパソコンなども一度確認してみてください。管理人@かずぞうが使っている物は基本的にすべて100V-240Vの製品で、変圧器は必要ありませんでした。

もちろん、海外には変圧器を持っていくことなく、コンセントアダプタのみを持って行く環境です。変圧器は重く、安いものでは30Wまでの製品しか使えないなどの制約もあります。変圧器が必要になる場合はW(ワット数)をキチンと調べましょう。間違えるとホテルで火事になります(怖)

唯一対応していない製品としては「ドライヤー」があります。

管理人@かずぞうは自宅ではPanasonic製のイオニティを使っていますが、このドライヤーはAC100Vにしか対応していません。そのため、ドライヤーのみは海外旅行&出張用に購入しました。

特に高価なものではなく、重さも通常のドライヤーと変わりません。海外のホテルではドライヤーが常備されていないところもありますので、購入しておくことをオススメします。

「楽天市場」で海外用ドライヤーを探す

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事
スポンサーリンク
ad(336*280)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)