万が一のガムテープは海外旅行の必需品

海外旅行や海外への出張の際に「思いもしなかったことが起こる」ことがあります。

空港で何年も使ってきたキャリーケースの留め金が壊れたり、持って行ったカバンが敗れたり・・・日本とは勝手の違う海外で右往左往している時間がもったいない。そんな万が一の自体に応急処置的に役に立つのは「ガムテープ」ですね。

DSCF0551
もちろん、キャリーケースやカバンが壊れたら現地で購入すればよいのでは?という答えもあると思います。しかし、はじめて行った国のどこに行けば商品が売っているのか、または修理するための金物や接着剤はどの商品を購入すればよいのかわからないことがたくさんあります。

また、旅行会社のスケジュールが綿密に組まれたパック旅行の場合は購入するための自由時間が限られている場合も多いですね。

このような時に一番簡単に短時間で対応できるのがガムテープです。ガムテープですので見栄えは悪いですがひとまず数時間でも修理することができます。

DSCF9233
海外に持って行く場合は購入したばかりのガムテープはやめましょう。さすがにそんな長い量を使うことは無いですし万が一の時に備えたものの割には重すぎます。家に眠っている使い古されたガムテープで十分ですし、新品しか無い場合は必要な分量だけ巻き取って持って行きましょう。(ガムテープは剥がせます)

管理人@かずぞうは使い古された古いガムテープを持って行きました。しかし円柱状態のままキャリーケースの中に入れるのはかさばるため、押しつぶしてキャリーケースの片隅に入れていました。片隅に入れておけば中に入れる小物のクッション材として活用できます。

海外旅行や海外出張にガムテープを持っていっても使わないケースの方が多いかもしれません。しかし、何かあってから困り果てるよりもよいと考えます。後はキャリーケースの空き容量と重量と相談しましょう。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事
スポンサーリンク
ad(336*280)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)