安城にあるオシャレなインテリアショップ soup.(スープ)

愛知県安城市に行く機会があり、時間を作り以前から名前だけは知っていたインテリアショップのsoup.(スープ)へ行ってきました。愛知県安城市は観光地ではないため、見所がたくさんあるわけではありません・・・

スポンサーリンク
ad(336*280)

オシャレなインテリアショップsoup.(スープ)

soup.(スープ)は、名古屋鉄道新安城駅より南へ徒歩10分程度のところにあります。車で行く場合でも、大きな駐車場が完備されていますので安心です。レクシティSHOWという建物の2階になります。

外階段を上がり2階へ行き入口を入ると、正面はインテリア、右側には食器や鍋などのキッチンアイテム、造作キッチンの制作受付も行っているようです。一般のキッチンメーカー製システムキッチンでは満足できない質感高いキッチンを作ってくれそうです。

取り扱っている商品は、大手メーカーの物は限りなく少なく、こだわりを感じる商品をセレクトしています。管理人@かずぞうが目に付いたものは、宮崎椅子製作所の家具やFourtynine(49)製の商品、少々値が張りますがjournal standard Furnitureの家具も良い味出していました。

このような各都道府県で数店舗しか取り扱っていないような商品を購入することができることもsoup.(スープ)の特徴ですね。

もちろん、amadanaや±0、有名デザイナーによるイスなども置いてあります。また、家具だけではなく雑貨やファブリック、文房具なども揃っています。

少し立ち寄るつもりが、真剣に楽しんでいたら知らないうちに30分以上長居してしまいました。

soup.(スープ)以外にも立ち寄りたいが・・・

安城市は近隣にある工場や名古屋市などのベッドタウンとなっているため、個性ある店はポツポツとはありますが限りなく少なく、マンションや戸建て住宅の中によく見かけるチェーン店がたくさんある町です。

名鉄新安城駅から歩いてsoup.(スープ)へ行く場合は、駅を降りて目の前にイトーヨーカドーがありますし、桜坂珈琲店やマクドナルドなどもあり、小休憩できるスポットはいくつかあります。

「安城市まで来たからには観光地に寄りたい」という方は、新安城駅から南へ5kmほど行ったところに「デンパーク(安城産業文化公園)」があります。

広大な花や緑で癒される事ができますし、ショッピングができるマーケットやレストランも何軒もあります。大人の男の人だけでは違和感がありますが、女性がみえる場合は休憩によい空間です。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)