働く人に特化した!?名鉄岐阜駅とJR岐阜駅の店舗群がすごい!

岐阜市の中心部には、商店街とデパートである高島屋が軒を連ねていますが、基本的には旅行者が観光するという雰囲気よりも生活者中心の町のように感じます。特に最近では再開発が行われ、名鉄岐阜駅やJR岐阜駅周辺の店舗が整理されたことで、岐阜に住んでいる人、岐阜駅を利用する人に特化した町になったように感じます。

a0002_000147_m

スポンサーリンク
ad(336*280)

ビジネスマンに優しいJR岐阜駅の飲食店群

JR岐阜駅は他のJR駅ビルと同様にASTYです。ただ大きく差別化されているところはショッピング主体ではなく、完全にビジネスマンに主眼が置かれているところです。

少し休憩したい時にはドトールコーヒー、エクセルシオールカフェ、スターバックス、パン系を食べたいときにはヴィドフランス、モスバーガー、ミスタードーナツ、サブウェイ、安く昼食や夕食をとりたい時は、吉野屋、サイゼリア、リンガーハット、そして本屋は三省堂書店が入店しています。

仕事をしている人で比較的若い人を中心に、気軽によれて、毎日同じところへ行かなくてもよい嬉しい店舗群です。

JR岐阜駅と名鉄岐阜駅の間も抜かりない店舗群

JR岐阜駅と名鉄岐阜駅の間は徒歩5、6分程度の短い区間ですが、この間も抜かりありません。大きくはありませんが、コンビニのサークルKサンクスが店舗を構え、全国規模の銀行である東京三菱UFJ銀行、地銀である十六銀行のATMや店舗があります。また、居酒屋や多数あるところも、おじさんにはたまらないかもしれません。

名鉄岐阜駅の店舗群は主婦目線

名鉄岐阜駅はJR岐阜駅とは差別化された店舗群となっています。スーパーであるパレマルシェ、ドラッグストア、100円ショップ、雑貨を扱うロフトなどがあり、主に女性目線や主婦目線の店を揃えていると思います。駅の乗り継ぎの間に家庭で必要な食材や薬、雑貨などが揃うことは便利ですよね。

また、飲食店もJR岐阜駅が比較的安く軽食の店を多く揃える反面、名鉄岐阜駅は少し高めの和を中心とした店舗を揃えているところも違う点です。

JR岐阜駅、名鉄岐阜駅周辺は働く人に優しい

他の都市部の駅でよくある点は、大きな駅ビルの中に数多くの店が入っていることが多いのですが、ファッション関係の店が充実している反面、生活費必要なものが揃わない、日常的には必要度の低い駅ビルになっていることが多いです。

JR岐阜駅や名鉄岐阜駅は高層の駅ビルではなく、それぞれの店舗も少ないです。しかし、JR岐阜駅、名鉄岐阜駅、その周辺が足りない所を補完し合い、充実した店舗群を形成しているところが面白いと感じます。

観光には向いていないかもしれませんが、ビジネスで岐阜駅に到着した場合は岐阜の町を楽しんでください。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)