伊勢湾岸自動車道の下道−国道23号線(名四国道)

管理人@かずぞうが仕事の都合で愛知県の三河地方から三重県北部へ移動する際に国道23号線(名四国道)を利用しました。ここで悩むポイントが「伊勢湾岸自動車道」を利用するか、「国道23号線」を利用するかですね。

E58699E79C9F001

スポンサーリンク
ad(336*280)

伊勢湾岸自動車道と国道23号線どちらが早い?

伊勢湾岸自動車道は名古屋湾岸地帯にある工場物資を素早く届けるために、東名高速道路と湾岸地帯、東名阪自動車道を結んだ物流には欠かせない高速道路です。一方、国道23号線は愛知県の豊橋市から三重県の伊勢市を結ぶ道路で、愛知県では渋滞が頻発する名古屋市内に通過する車を入れないようにするためやトラック物流の下道として、三重県では国道1号線と並ぶ重要な国道の1つですね。

グーグルマップスで調べたところ、管理人@かずぞうが現在地から目的地までの所要時間は、伊勢湾岸自動車道を利用した場合は50kmで1時間未満、国道23号線を利用した場合は90分ほどと検索されました。

伊勢湾岸自動車道の最高速度は80km/h〜100km/h、国道23号線は60km/hですので、圧倒的に伊勢湾岸自動車道の方が目的地まで早く着きます。ただし、時間に余裕があるときは国道23号線という選択肢もありますね。

三河地方の国道23号線は高速道路か!?

国道23号線は大きく分けて3つの性格があります。

三河地方(名古屋より東側)は、信号がほぼなく、名古屋高速道路や伊勢湾岸自動車道のインターや主要国道や主要県道からの乗り入れも高速道路と同じランプ形式です。また、片側2車線か3車線で平日や土日の昼間は70km/h〜80km/hぐらいで車は流れていて、信号がある手前1kmあたりからなんとなく渋滞します。道路の起伏があり、上り坂でスピードを落とすアクセルを踏まない車は嫌がられます(笑)

名古屋湾岸地域は、片側2車線か3車線でほぼ陸橋の上を走っていて信号もたまにあります。

三重県地域は、一般的な片側3車線の国道ですね。長島スパーランドへ行く人も国道23号線を利用する方も多いです。

全般を通して圧倒的にトラックの数が多いことと仕事の車が多いです。生活用の軽自動車はあまり走っていません。全般を通して安全な道路ですが、名古屋市南区や大府市あたりは結構スピードを出す車もいますので、ペーパードライバーの方や免許取得したばかりの方はちょっとドキドキかもしれませんね。

愛知県内の国道23号線は飲食店少なめ

国道23号線を走っていて何か食べたいと思っても、愛知県内は陸橋の上を走っている事が多いため飲食店はありません。唯一、名古屋市港区あたりに飲食店群がありますので利用しましょう。また、どうしてもコンビニや飲食店によりたい場合は下道へ下りるなどしましょう。

スポンサーリンク
ad(336*280)
ad(336*280)
関連記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)