サダハルアオキの弟子の店!パティスリータキモト

イタリアのパリに本拠地を置くパティスリー・サダハル・アオキ・パリ(patisserie Sadaharu AOKI paris)で経験を積まれたシェフが岐阜県各務ヶ原市でお店を出しているということで足を運んでみました。その名もパティスリー・タキモト(PATISSERIE TAKIMOTO)です。

サダハル・アオキこと青木定治さんは岐阜県のお隣の県である愛知県名古屋市出身。タキモトのシェフである滝本さんは青木さんとどのようなつながりあったのかもしれません。

サダハル・アオキと言えばマカロンで有名。どんなマカロンがあるんだろうという思いを膨らませながら向かってみました。

シックで落ち着いたお店

岐阜県各務ヶ原市の市役所近くにあるパティスリー・タキモトの駐車場はお店の前に4台ほど駐車できるスペースがありますが、シーズンによってはすぐに満車になってしまいそうです。

MEMO
運転が上手でない方は・・・
パティスリー・タキモトが隣接する道路は交通量が多いです。駅も近く隣にはスーパーという立地で歩道に自転車が通ったり、人が歩いたりしています。決して駐車しやすい駐車場ではないため、運転が得意ではない・・・という方は、近くにある「名鉄協商パーキング各務原市市民公園」に駐車するのがおすすめです。
駐車から3時間は無料ですし、広くて駐めやすい駐車場です。

店内に入ると黒を基調としたシックな雰囲気でした。正面にはガラスのショーケースに入ったケーキが並び、右側には焼き菓子を中心としたお菓子が並んでいます。

ケーキはサダハル・アオキ直伝?のスタイリッシュな四角いケーキ。大体500円前後の価格帯だったような覚えがあります。期待していたマカロンですが、行った時期が悪かったです。

管理人がパティスリー・タキモトに伺ったのはホワイトデー前だったのですが、ショーケースにたくさんのマカロンは並んでおらず、8個入り(2,160円)と12個入り(3,240円)のみの販売。一つひとつ単品での購入はできず、味も決められており選ぶことはできませんでした・・・。

通常のマカロンとは別にパティスリータキモトでは有名なクッキーマカロンもありませんでした・・・。ホワイトデーが終了してからの販売のようです。結果的にセットになっているマカロンを購入して帰宅することにしました。

今回の教訓は「そのお店で欲しいものがあれば何でもない普通の時に行け!」ということです。また足を運んでみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)